見えているのに見えていないコト

初めまして。シシシです。都内で働くサラリーマンのブログ。色眼鏡を捨てよ。変化の多い新時代を生き抜くため、悪しき習慣は断ち、良き習慣を取り入れる。本当に価値のあることを愚直に実践していくブログ。

【辞めたいことが辞められるフレームワーク】

f:id:darksideofthemoon:20190915065845j:image

皆さん、超オハヨー!習慣化の研究大好き、シシシだよ( ^ω^ )

 

習慣は私たちが意識しているしていないに関わらず、良くも悪くもトリガーによって引き起こされています。

 

この性質を利用すると、良い習慣の形成はもちろん、悪習慣を断ち切るのにも使えます。

 

習慣形成にはトリガーを設ける

シシシは習慣化はトリガーの設定によって成功が決まると信じています٩( 'ω' )و

 

そのきっかけとなったのは、水虫になった時にどうしても薬を足に塗るのを忘れてしまい、なかなか完治させることが出来ませんでした。(汚い話ですみません!)

 

水虫って結構しつこくて、長期間薬を塗り続けないとまた再発してなかなか治らないんですよね…_(:3 」∠)_

 

そこで、お風呂に入ったら必ず薬を塗る、というルールを作り、試してみたんです。具体的には薬を浴室のドアに引っ掛けておき、風呂あがりに必ず目に入るようにしました。

 

すると、お風呂あがりは当然ながら裸なのでわざわざ靴下を脱いで塗るという手間がありません。何かの作業を中断して薬を取りに行く必要もないので自然な流れで薬を塗ることが出来、無事完治しました。

 

このように人が何か行動を起こすにはその1つ前の段階になんらかのトリガーを設けると上手くいきます。

 

習慣形成のフレームワーク

これを簡単に実践する為に、習慣を研究しているBJ Fogg教授のフレームワークをご紹介します。

 

After I_____, (私は〇〇をしたら、)

I will ______ (〇〇をする。)

 

使い方は例えば、

After I brush my teeth, (私は歯磨きをしたら)

I will froth a tooth.(歯を一本フロスする)

 

といった具合です。

 

コツとしては新しい習慣の方は、歯を一本、というように小さく始め、だんだんと増やしていきます。そして、成功したらAWESOME!(私ってすごい!)と褒めてあげましょう(^O^)

 

さて、教授はこの方法を習慣化を使って、習慣化の形成を促していますが、逆にシシシは応用として悪習慣に断ち切る為にも使っています。

 

悪習慣を断ち切るフレームワーク

悪習慣も実はその前になんらかのトリガーがあります。そのトリガーは既に強力に悪習慣と結びついているので、一度トリガーに触れたら最後、悪習慣をしないようにするのは意志の力だけでは難しいです。

 

パブロフの犬を思い出すとわかりやすいですね(^_^;)

 

ですから、悪習慣を引き起こす根本原因であるトリガーをあらかじめ特定しておき、意識的にそのトリガーを避けるようにします。

 

こちらがシシシ版のフレームワークです。

After I _____, (私は〇〇をした後、)

I will ______ (〇〇をする。)

so I will avoid______by_______

(だから〇〇を〇〇で避ける)

 

いくつか例を挙げてみましょう。

 

私は友達がタバコを吸っているのを見ると必ず貰いタバコをしてしまい、喫煙を開始する。だから友達がタバコを吸う時に一緒にいないようにする。

 

私は二次会に行くと必ず朝まで飲んで泥酔して二日酔いになる。だから一次会で切り上げ、それ以上飲まないようにする。

 

私はテレビをつけると意味なくダラダラ見続けてしまい、時間を無駄にしたと後悔する。だから家にテレビを置かない。

 

依存症レベルの問題を避けるのは難しいですが、ある程度の問題なら効果を感じることができると思います。

 

とは言え、設計が少しむずかしく感じるかもしれません。やり方が分からない、うまく設計できないという方は相談に乗ります。お気軽にどうぞ( ^ω^ )

 

まとめ

習慣化の形成のコツは、すでに習得している自分の習慣に、1つ小さく足すことです。すでにある習慣をトリガーとして機能させ、新しい習慣を促すことが出来ます。

また、悪習慣を断ち切りたいときには悪習慣を引き起こすトリガーを特定し、新しい習慣を設定することで悪習慣から新習慣へすり替えることができるようになります。うまく活用して、有意義な人生を送りましょう!

【嫉妬の炎を消す方法: Think clearly】

f:id:darksideofthemoon:20190911064235j:image

皆さん、超オハヨー!「幸せは自分の中にある。」シシシだよ( ^ω^ )/

 

人と比較すると自分が惨めになる事が時々ありますね。

 

現代は、SNSの普及により、自分と他人との比較の呪縛から抜け出すのは、ますます難しくなっていると感じます。

 

これを解消するには、どうすれば良いのか?

 

先日読んだシンククリアリーから、この問いへのヒントとなる一節を見つけたので紹介します。

 

羨ましいのは思い込み?

ベンツを持っている、所得が高い、社内で地位が高い。

 

どれか一つでも羨ましいと思いましたか?

 

こうしたわかりやすいステータスは羨望の的になりやすいですね。

 

ですが、シンククリアリーにはこう書かれています。

 

隣人の生活を自分の生活と比較するとき 、あなたの意識の焦点は 、無意識のうちにその 「相違点 」だけに絞られている。

 

このような嫉妬は「フォーカシング•イリュージョン」とよばれる、思い込みであり、人生の満足度に与える影響を過大評価してしまう危険がある、と説かれています。

 

全体で捉え直す

実は彼らもまた、外からはから見えない、本人だけが抱える悩みを誰もが持っているはずです。

 

視点を変えてみましょう。

 

もしかしたら、ベンツの所有者は資金繰りに追われる毎日で胃に穴を開けているかもしれないし、(そのせいであなたを羨ましく思っているかも)

 

所得が高い代わりに家族との時間が削られる人生を送っているかもしれません。長い目で見たらお金で買えない時間を捨てて過ごす事になります。(そのせいであなたを羨ましく思っているかも)

 

社内で地位が高くても、部下から全く尊敬を集めていないかもしれないし、会社から追い出されたら何も出来ない人かもしれません。(そのせいであなたを羨ましく思っているかも)

 

シンククリアリーではこうした視点変更は燃え盛る嫉妬の炎を消す、消火ホースの役割をしてくれると書いてあります。

 

嫉妬を感じる相手の 「人生における最大の問題点 」を意識的に探し出し 、そのせいでその人物がどれぐらい困っているかを考える 。そうすれば 、すぐにあなたの気持ちは晴れるだろう 。妄想のすすめだ 。

 

応急処置的なルサンチマンの解消法です。

 

まとめ

表面的に見えている事は、人生の満足度に与える影響など微々たるものでしかなく、他人の本来の苦痛は見えていません。

人生の満足度は1つの物事で決まるものでは無いと気づき、他人との比べるという悪習慣を人生から追い出そう!

 

 

 

 

【ユーザーテストをスケールさせるには】

f:id:darksideofthemoon:20190908080021j:image

皆さん、超オハヨー!たまにはまじめに仕事の話をしてみるシシシだよ( ^ω^ )

 

※IT業界向けの記事です。

 

「ユーザーテスト」を中小企業で初めて実施しても、実施するタイミングによっては、社内でスケールしない場合があります。

 

結論として、組織に素早く手法を浸透させるには、プロジェクトの出来るだけ早い段階で実施して手法の有効性を周囲に理解してもらうことが大切です。

 

ユーザーテストとは?

知っている方もそうでない方も、ユーザーテストとは簡単に言うと、開発中のプロダクトを想定ユーザーに触ってもらってUXにおける問題を早期発見しようという手法です。

 

例えば、ユーザーにこのアプリを使って好きな服を買ってみてください、などのタスクをお願いし、どういうところでつまづくのかを観察します。

 

ユーザーは製作者の描いたストーリー通りに動いてはくれません。テストによって、理想と現実のギャップを確認し、早く失敗に気付くことができれば、後々の設計の軌道修正がしやすくなるんですね( ^ω^ )

 


完成品への実施では遅い

さて、本題です。初めてユーザーテストを実施する中小企業でイマイチ社内からの共感を得られないケースは、完成後のプロダクトやサービスの改善の為に行なうケースです。

 

このフェーズでの実施では、プロダクトはもう世に出てしまっていて、このアプリの基本設計を揺るがすような大失敗が発見されたとしても、ほとんど開発のリソースは引き上げられていたり、色々な大人の事情で、実際に修正を入れられる部分は少ないです。


結果、プロダクトのアイコンの位置や色がちょっと変えようか、と言ったことくらいの微細な変更に終始してしまう可能性が高いです。

 

また、完成品に文句をつけることになるので感謝されるどころか、煙たがられる事になるかも知れません(^_^;)

 

誤解を避ける為に補足すると、決してこのフェーズで行うのが意味がない、と言っているのではなく、初めて実施する中小企業では共感が得られにくいということです。社内に浸透した後であればどんどん実施しましょう。

 

また、グーグルなどの超大企業のサービスなど、利用者が億を超える企業では、アイコンの位置、文言の変更、0.1秒の差が何億の差を生みます。この場合、微細な変更であっても大変重要です。


早ければ早いほど失敗は許される

一方、プロジェクト立ち上げ時に活用できると
、状況はガラリと変わり、コンセプト(仮説)が正しいかどうかを直接判断できるようになります。よりインパクトを与えることが出来ます。


具体的にはMVPをユーザーテストにかけてみて、アイディアの段階から修正を加える、事業としてやるやらないの判断をするなどのドラスティックな変更です。

 

プロジェクトの早い段階であれば、実際にまだモノを作ってないので失敗してなんぼなので、より良い製品を作るため、感謝される事でしょう。


うまくいけば、今後一気にスケールし、社内でインフルエンスが広がるかもしれませんよ。

 

ではまた(^∇^)

【お酒を辞めるには趣味を持つ 】

f:id:darksideofthemoon:20190906062330j:image

皆さん、超オハヨー!シシシだよ( ^ω^ )

 

シシシはこれまで、無駄にお酒を飲んでしまう理由は、ストレスなどからくるものだと思っていたので、極力ストレスを減らせるように努力してきました。

 

ところが最近、ストレスが無いはずなのにお酒を飲むようになってました!

 

発見した新たな理由は、「暇だから」だったんです(^◇^;)

 

これに対する対処法はどうしたら良いでしょうか?

 

何もしないおじさん+お酒=最強

実はシシシ、この間まで、生活を最適化しすぎて暇になってしまいました。

 

というのも、毎日必要な勉強やジムでの運動などは既にガッツリと生活に組み込んでおり、空いた時間に何して良いのかわからなくなっていました(´⊙ω⊙`)

 

YouTubeを見ながらお酒を飲み、かなりダラダラした生活を送ってしまっていました。(^^;)

 

特に休日に予定がない日や、ちょっとしたアイドリング時間には何をして良いのかわからないおじさんに!( ̄▽ ̄;)

 

思えばシシシのパパも会社から帰ってくるとすることが無いのでよくお酒を飲んでいたなぁ〜( ´ ▽ ` ;)

 

能動的な趣味を見つける

対処法として考えたのは、

受動的な趣味ではなく、能動的な趣味を見つけるということでした。

 

もし、趣味を見つけたり、集中しないと出来ないような事を習慣として持っていたら、お酒を飲んでしまうと集中出来ませんよね。

 

その優先度が高ければ高いほどいいです。

 

そして、シシシの場合、ギターを始める事にしました!パチパチパチ!

 

 

 

もともと娘と一緒に始めようと思っていたのですが、この度先んじて9/1よりスタートすることにしました。

 

また、ツイッター仲間のべぽさんの習慣化コミュニティに入れさせていただきました!

  

 

以下、べぽさんと決めた約束です★

 

【長期ゴール】

ギターを通して娘と最高の関係性を作る。

【短期ゴール】

ギターを用いて、1ヶ月で好きな曲を一曲弾けるようにする。

 

【次の1ヶ月での目標】

実際は歌詞ら既に暗記してしまったので、ギターコードとストロークを覚える。

 

・かける時間とタイミング

1日のうち、就寝前、日中のスキマ時間に

・何を

ギターコードのポジション移行の反復を

・どれくらい

1か月合計で20時間実施します。

 

応援よろしくお願いします( ^ω^ )

 

まとめ

暇でお酒を飲んでしまう事に対する対処法するなら、能動的な趣味を見つけて忙しくするのが効果的!

 

【早起きのためにコンビニを利用する】

f:id:darksideofthemoon:20190904053638j:image

最近ジムの前にモンスターを飲むことを習慣づけているシシシだよ( ^ω^ )

 

一度、早起きのためにカフェインを辞めたシシシですが、最近コンスタントに早起きできるようになったので、朝に1回だけカフェインを摂ることにしました。1日1回朝だけ。

 

ジムに行く前にぐびりとやると負荷の激しいメニューにも耐えられ、朝からエネルギー全開で1日をスタートできます(^^)

 

長い人生、ライフスタイルに合わせてまた辞めるかもしれませんが(*'▽'*)

 

この習慣を始めるにあたり、コンビニを利用した結果、習慣の定着が楽になりました。習慣化の形成には初期段階が大切なのでコレは助かりました。

 

その利点についてお話しします。

 

 

目次

  

 

習慣のチェーンを利用出来る

なぜ、コンビニが良いのか。

 

その秘密は、人間の行動は既にある習慣に紐づけると、実施される確率がグッと高まることにあります。

 

BJ Fogg教授は以下のスピーチのなかで、習慣化を行うには、

私は〇〇をした時に、

〇〇をする。

というフレームワークを提唱しています。

https://m.youtube.com/watch?v=A0veC0L7pM0

 

コレを朝にモンスターエナジーを飲むという新しい習慣に当てはめてみます。

 

私は朝、コンビニ見かけた時に、

モンスターエナジーを買って飲む。

 

コンビニは道の途中にあります。

コンビニを見かけると、あ、モンスター買おう、と思わせるように習慣をデザインしました。コンビニが習慣のトリガーになります。

 

でも、当然コンビニで購入するとお金がかかりますよね〜(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)

 

面倒な作業をアウトソーシング出来る

たしかに大量にかって家に保存した方が安く済む場合があります。でも、習慣化の形成にはお金を払ったほうがいいこともあります。

 

例として、モンスターエナジー1本コンビニで買うと大体208円、アマゾンで大量に買うと一本170円くらいで買えます。

 

 

38円安いです。

 

でも、初めにココをケチると、ろくなことがないのがシシシの経験則です。

 

家でストックして朝に飲むためには…

  1. 安い商品を見つけて、
  2. 大量に購入し、
  3. 常に冷蔵庫にストックし続け、
  4. 朝、忘れずに飲む。

という手間がかかります。

 

さらに、在庫を切らしたらその日は飲めません(>人<;)

 

この手間賃=38円と割り切っています。

1ヶ月続けても1140円。

秘書を雇うよりは安いです。

 

さらに広くとらえると、この1140円のおかげで毎日筋トレの機会損失を防いでいるとも言えます。飲めなかった日は確実にREPが減ります。

 

全部やることは大変なので、習慣化の形成のための一部はアウトソーシングしてしまえばいいです。

 

蛇足ですが、たまに飽きたら味も変えたいですし(^ ^;)

 

そして、完全に習慣化したら今度は自分で用意するフェーズに移せばいいです。

 

大切なのは、この段階ではまだ習慣化を始めたばかりなので、習慣の定着にプライオリティを設定しています。

 

↓そろそろ定着したので大量に買うぞぉ〜。

 

まとめ

コンビニをうまく利用することで習慣化の妨げとなる心理的なハードルを越えることができます。習慣化の形成の初期にはいかに楽をするかがポイントです。

 

ちなみにシシシは今、ダイエットのためサラダチキン生活を始めました。家からチキンのたっぷり入ったお弁当を持ってくることを忘れるのもしばしば。そんな時はコンビニでサラダチキンを買ってなんとかしてます。

 

うまくコンビニを活用して習慣化の形成に役立てていきたいです(╹◡╹)

 

 

 

【ほぼタダで本が読める?読書のルール】

f:id:darksideofthemoon:20190901064959j:image

皆さん、超オハヨー!読書の秋、シシシだよ( ^ω^ )

 

読書習慣に関する自分ルール、だいぶ固まってきました。

何かを決める時の判断基準をあらかじめ明確にしておくと決断までの時間を圧縮することができます。目から鱗でした!

 

目次

 

価格判断のルール

シシシは以前、本の値段によっては買おうか買おうか迷ってしまっていた時があります。

 

でも結局読みたい本を読まないっていう選択って結構な機会損失なんですよね(゚ω゚;)

 

そのようなハードルを越えるために、

1500円以下なら問答無用で購入してもオーケー!としました。費用はお小遣いからは捻出せず、貯金から自己投資費用として計上することにしました!

 

これによってだいぶストレスが減りました!

とりあえず買って見て、つまんない本だったら即メルカリにGoです!

 

 

買い方のルール

シシシは大体、Amazonで書籍を購入しています。フォーマットはKindle版とペーパー版がありますが、以下のように、その本の目的に合わせて切り替えてます。

 

Kindle

  • 今すぐに読みたい本(配達を待っていられない本)
  • 永久にとっておきたい本
  • How to 系
  • 何度揉み返す必要がありそうな本
  • 仕事の資料として手元に置きたい本
  • 耳で通勤中に聞きたい本  ※後述
  • Kindle unlimitedやAmazon prime readingで無料で読める本 

 

紙の本

  • Kindle版がない書籍の場合(しぶしぶ…)
  • 興味があって一読しておきたい本
  • ひとに貸したい、シェアしたい本
  • 中古で買うとKindle版より安い本

 

ざっくりまとめると、

Kindle版は永久保存版

ペーパー版は再販前提、って感じです。

 

読み方

シシシは仕事も育児もあるので机に座ってじっくり本読むことができましぇん。だから隙間時間を使って読むようにしています。隙間時間に読む方法もいくつかあります。

 

ちぎり読み

 

耳読書

iOSの読み上げ機能を使って耳から読書する方法です。テクノロジーの進化でもう既にほぼ肉声と変わらないレベルで聴けますよ(^^)

 

f:id:darksideofthemoon:20190901064640j:image

 

設定方法

「一般」→「アクセシビリティ」→「スピーチ」→「画面の読み上げ」をオン

 

音声の質のバージョンアップ方法

これは裏技みたいなものですが、読み上げ音声を肉声に近づけることができます。

 

「画面の読み上げ」→「声」で各言語の音声を拡張します。

f:id:darksideofthemoon:20190901064700j:image

 

ちなみに、デバイス版のKindle paper whiteも持っていますが、通勤中に歩きKindleする訳にいかないのでほとんど使わなくなってしまいました( ^ω^ ;)  

 

 

処分法

 読み終わったペーパー版は、メルカリで再販しています。

 

f:id:darksideofthemoon:20190901065531j:plain

少し前に話題になったFactfulnessという本。

 

 新書は新本と変わらない値段で売れてくれるので、実質数百円くらいで話題の本が読めます。Kindle版は再販できないのでコレは大きなメリットです( ´ ▽ ` )

 

 

f:id:darksideofthemoon:20190901065531j:image

ちょっと前に話題になったFactualnessもまだまだ新品同様の価格。

 

また、メルカリ読書なんて呼ばれているメリットもあります。新書などは買った瞬間に出品すると即売れていくので、発送期限までに完読しなければいけないプレッシャーを自分に与え、積読を防ぐことができます( ^ω^ ;)

 

 

まとめ

何かを決める時の判断基準をあらかじめ明確にしておくと決断までの時間を圧縮することができます。

【UXデザインはオワコン?ビヘイビアデザインとは】

f:id:darksideofthemoon:20190901061535j:image

皆さん、超オハヨー!最近、Behavioural design(ビヘイビアデザイン)という分野に興味があるシシシだよ(^^)

 

ビヘイビアデザイン、Wikipediaでは以下のように書かれていました。

Behavioural design is a sub-category of design, which is concerned with how design can shape, or be used to influence human behaviour. ビヘイビアデザインとはデザインの一種であり、デザインが人間の行動(ビヘイビア)をどのように形作り、または使われるかを考えることである。

 

興味を持ったきっかけは3つあります。

 

UXD/HCDの手法だけでは全く新しい価値は創出しづらい

その1つ目の理由は、普段、ビジネスの現場でUXデザインやHCD(人間中心設計)を行っていた時にあるジレンマに遭遇したからです。

 

それは、「UXデザインやHCDはユーザーに新しいことを提案するためには最適とは言えない」と思い始めたことです。

 

例えば、UXD/HCDはー1を0にするイメージ。
行動からペインポイントを見つけ、それを取り除く、和らげる、という手法に見えます。UXD/HCDでは通常、ペルソナを定め、その人やコンテクストに合ったプロダクトなりサービスを設計します。この場合、例えば、メールでのコミュニケーションで真面目さが求められる場合はわざわざスタンプ機能を付けたりしません。「やったことのないこと」をユーザーから引き出すことは難しいです。


一方、BDは0を1にするイメージ。本人が価値を見いだせていないコトに価値を与えるという手法に見えます。例えば、UBEREATSが、これまで出前なんてしたことのない人たちに出前をさせるようにしたように。

 

もちろんUXDとHCDには「0→1」にすることも含まれていますが、その主眼はやはり「ー1→0」に向けられているのではないかと思います。

 

そう考えると両者をステージや目的に合わせてハイブリッドに使い分けられるようにしたほうがいいのかもしれません。UXD/HCDで問題を見つけて体験を改善、BDで体験の誘発させるというイメージ。

 

簡単に習慣の形成に役立てられる

2つ目は、BDはデザインの現場だけではなく、個人の習慣化の方法として有効活用できるんじゃ無いかと思いました。


例えば一般的に、目的やゴールを達成するための方法は2種類あって、何かをやめる、つまりー1を0にするアプローチと0を1にするアプローチをとります。どちらの方法をとるにせよ、多くの場合、本人のモチベーション(意思)が原動力になります。

 

ところがモチベーション単体では、カンフル剤のように短期間でしかその効果は発揮できず、長期的変化には使えません。定着が難しいです。

 

シシシの個人的な経験からも、BDをうまく活用すれば、意思やモチベーションといった根性論に頼らずに習慣を形成できるのでは?と考えるに至ったわけです。

 

日本であまり知られていない

3つ目は、ちょっと蛇足ですが、日本語でこの新しい概念にがなかなか見つからないので、自分が掘り起こしたいな、と興味がわいたからです。冒頭のWikiページも、現在のところ英語ページしかありません。

 

今ちょうど、「企業のリアル」という本を読んでいます。

その中でチームラボの猪子さんが対談の中で、
シリコンバレーは未来を肯定しているが、日本は未来を否定している。」と言っていました。


これはシリコンバレーは古いビジネスをテクノロジーによって破壊し、新しい価値を提供する。一方、日本は既得権益権を守りたいがゆえに、古いものの改善という方法を取りがちなところに現れています。

 

もしかしたら掘り起こしたとしてもビジネスの場では中々浸透しないかもしれませんが、習慣化の分野ではうまくいくかもしれません。

 

このブログでBehaivor designに関する記事を取り上げていきたいと思っています。

応援よろしくお願いします( ^ω^ )