見えているのに見えていないコト

初めまして。シシシです。色眼鏡を捨てよ。変化の多い新時代を生き抜くため、悪しき習慣は断ち、良き習慣を取り入れる。本当に価値のあることを実践するブログ。

【だらしない人ほどすぐに使うべき:iOS リマインダー 超便利】

自分は根本的にだらしない。

やらなければいけないこともすぐに忘れる。

新しい習慣を手に入れる時、やらなければいけないことを思い出させてくれる存在は必要不可欠だ。

 

これを解決するために以前は毎朝、ジムでエアロバイクに乗りつつ、紙にタスクリストを書いていた。

 

問題点

  • 毎回書き出すから未消化のタスクも書き出す必要があり、手間。書き終わって満足していた。
  • 常に筆記用具を持ち歩かないと行けない
  • 日時と連動させることができず、肝心の時間になっても思い出せない。
  • 人と共有できない

 

iOSリマインダーがめちゃくちゃ便利

上記の問題点を全て解決してくれたのがiOS標準のリマインダー。今更感が否めないが最近本当に感動しているので紹介したい。

 

以前はああでもないこうでもないとサードパーティのアプリケーションを試していたが、結局標準のアプリが1番使いやすかった。

 

f:id:darksideofthemoon:20180517082054j:image

内容ごとにリストをまとめることができる。

 

個人的な使い方

  1. Todayタブに暫定の予定をとりあえず書き込んでおく(いわゆるなんでもボックス)
  2. Todayタブに記載されたタスクを、その日のうちに本当にやる必要があるか、いつやるかを決める。些細なものはここでボツにする。やることを決めたら日時、ロケーションを設定し、暫定/習慣/予定タブに移動させる。
  3. それらのタスクは期限が来るとScheduledというタブにリストアップされるのでこのタブに記載されているものだけを片付ける。
  • 期限が必要のないものはそれ以外の関連タブに一旦寝かせておき、適宜見直す。
  • オレンジ色のscheduleは妻との共有スケジュールやタスクリスになっており、これも期限が来るとScheduledに表示される

 

ポイントは、以前もこのブログで書いたように期限を決めると言うこと。そうしないと際限なく実行されないタスクが山積みになっているだけなる。

 

特に気に入っているところ

  • 時間だけではなく、場所ともシンクできる。買い物リストを作っておき、スーパーに到着したタイミングでそのリストを立ち上がる。ジムに到着するとワークアウトメニューが立ち上がるのでいちいち手動でアプリを立ち上げる必要がない。
  • 先日記事にした、アマゾンエコープラスと連動もできる。アレクサに話しかけるだけでリマインダーを作成することができるので、思いついた時にさっとメモしておけるのは非常に便利だ。
  • 銀行への振り込み、はがきの投函など妻からのお願いは口頭で言われてもなかなか実行できないが、リマインダーに突っ込まれると未処理のタスクがずっと残り続けるのが気持ち悪くてすぐに片付けることができる。
  • 自分はできないが、Apple Watchをもし持っていればiPhoneを開いていなくても通知が届くのでもっと効率が良くなるだろうと思う。

 

以前はiOS標準calendarを使っていたのだが、会社のoutlookカレンダーや他のカレンダーとシンクさせてもiOS側から変更がかけられないため、今はもう数週間先の予定もリマインダーアプリに打ち込んでいる。

 

なかなか自身で物事を習慣化出来ない人ほど是非試してみてほしい。